対策ノウハウ

二日酔いに『コーヒー』が効果的!?その理由と飲む量と飲み方

コーヒー

二日酔いで頭痛がひどいときにコーヒーを飲むと和らぐ、二日酔いが治ると言われますが、なぜコーヒーが二日酔いにいいのでしょうか?
この記事では、コーヒーが効果的な理由や効果を最大化する飲み方や量について解説します。

二日酔いの原因「アセトアルデヒド」

二日酔いのひどい頭痛の原因は肝臓でアルコールを分解するときに発生するアセトアルデヒドという物質です。
このアセトアルデヒドは、毒性の強い物質でこれが体内に残っていると二日酔いの典型的な症状である、頭痛・吐き気・だるさなどを引き起こします。

血管が拡張することで起こる頭痛

アセトアルデヒドには血管を拡張する働きもあり、頭部の血管が拡張することでその周りの神経が刺激・炎症を起こすことで頭痛が起こります。

コーヒーが二日酔いに効果的な理由

二日酔いコーヒー
二日酔いコーヒー

コーヒーが二日酔いに効くとよくオススメされますがそれはどういった理由なのでしょうか。

カフェインが血管を収縮させる

コーヒーに含まれているカフェインは血管を収縮させる効果があります。
お酒を飲んで広がってしまった血管を適度に収縮させることで頭痛の原因を緩和してくれます。
市販の鎮痛剤にもカフェインが含まれているものも多いので、効果が期待できますね。

利尿作用が二日酔いに効果的

二日酔いを早く改善するにはアセトアルデヒドを体内から排出することです。
これに役立つのがカフェインに含まれる利尿作用です。
多くの水分とカフェインを飲むことで悪性のアセトアルデヒドを早く体内から放出することが期待できます。

肝臓機能を高める

カフェインには肝臓機能を高め、活性化させる効果もあります。
肝臓は毒素であるアセトアルデヒドの分解をするので、肝臓機能が活性化することで毒素を早く分解することが期待できます。
アセトアルデヒドの分解が促進されて、毒性のない酢酸に早くなることで二日酔いの症状が軽減されます。

眠気を抑える

脳内にある眠りを誘うアデノシンの働きを抑えることで、脳を覚醒させる作用があり、眠気を覚まして集中力を高める効果が期待できます。

効果的なコーヒーの種類は?

一概にコーヒーと言ってもコーヒーにはいろんな種類のコーヒーがありますよね。どんなコーヒーが効果的なのでしょうか。

カフェインが入っていること

最近ではカフェインをカットしているコーヒーも販売されていますが、摂取したいカフェインが含まれているコーヒーを選びましょう。
カフェインが入っていればインスタントコーヒーでも効果は期待できますし、コーヒー以外でも緑茶や紅茶など他の飲み物でも頭痛改善に役立ちますよ。

どのくらい飲めばいい?

1杯で十分です。頭痛がひどく早く治したいからと言って飲みすぎには注意です。
二日酔いになるくらい体調が悪化している状態だと胃が荒れて弱っているので、この状態でコーヒーのような刺激が強いものを大量に摂取してしまうと逆に体調が悪くなってしまう恐れがあります。

おすすめの飲み方は?

アイスカフェラテ

二日酔いのときにはどのような飲み方が最適でしょうか。

ミルクや砂糖を入れよう

ブラックコーヒーは刺激が強いので、ミルクを入れて刺激を弱めてから飲むことがオススメです。
二日酔いの場合は低血糖状態であることも考えられますので、砂糖も入れて糖分も合わせて摂取するといいです。

一緒にスポーツドリンクなども飲む

利尿作用によって排尿が活発化し、水分不足になってしまう場合がありますので、コーヒーと同時に水や経口補水液、スポーツドリンクなどを飲むことを忘れずに!

全日本コーヒー協会の証言

社団法人全日本コーヒー協会もコーヒーによる効果をサイトに掲載しています。

「二日酔いによる頭痛を和らげたいなら、コーヒーを1杯、飲みましょう。」新東京病院の顧問である清瀬闊医師は、このように報告しています。
二日酔いのときに起る頭痛はアセトアルデヒドと呼ばれる物質が主な原因です。この物質をからだの外に追い出し、脳の血液の循環をよくすれば、やがてつらい頭痛は解消されます。その際、有効なのがコーヒーに含まれるカフェインです。
飲み過ぎた翌朝、頭がズキズキと痛んだら、まずは1杯のコーヒーを試してみてはいかがでしょう。

全日本コーヒー協会:http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/health/health_qanda/q-9

まとめ

・頭痛にコーヒーは効果的
・飲むのは1杯。飲み過ぎには注意
・ミルクや砂糖を入れて飲みましょう
・一緒に経口補水液やスポーツドリンクも飲みましょう