対策ノウハウ

二日酔いを治す方法【完全ガイド】

うわ〜・・・また飲みすぎた。気持ちが悪くて体はだるい。頭はズキズキと痛み、胸焼けがひどい。そんなつらい症状の二日酔いに効果的な対処法をご紹介します。あなたの症状にぴったりな対処法で、二日酔いから早く復活しましょう。

どうして二日酔いになるの?

二日酔い

二日酔いの原因は、様々な理由があると言われています。どんな状態にあるのかをまずは把握しましょう。

アルコールが分解できていない

アルコールが体内に入ると胃で約20%、小腸で約80%が吸収され、肝臓で分解されます。分解されるとアセトアルデヒドという物質に変化します。このアセトアルデヒドは毒性が強い物質で、アルコールを取りすぎ肝臓で分解しきれず体内に残っていると、吐き気や頭痛を引き起こします。これがつらい二日酔いの原因です。

利尿作用による脱水症状

アセトアルデヒドは肝臓で分解が進み、酢酸に変化します。最終的にはこの酢酸は二酸化炭素や水として体外に排出されます。お酒を飲んでいると水分を摂っていると勘違いしがちですが、アルコールは分解され尿として排出されてしまい水分が足りなくなり、脱水症状となってしまいます。この脱水症状が原因で体調不良となっていることもあります。

低血糖症状態

人間にとって必要な「糖」は肝臓によって作られ、そのまま肝臓で蓄えられます。しかし、肝臓はアルコールを摂取すると分解することを優先してしまい糖の生産をストップしてしまいます。これによって体全体の糖が不足し、低血糖症になってしまい、体のだるさや吐き気、筋肉痛などの症状を引き起こします。

胃酸過多になっている

飲んだあとはアルコールや脂っこいおつまみなどにより胃が刺激され、胃酸が多く分泌されます。これにより吐き気やむかつきを引き起こしています。

二日酔いに効果的な方法

効果的な方法

これを飲んだらすぐに治る、これをやったらすぐ良くなるという薬や方法は残念ながら発見されてません。二日酔いには回復を早める、辛い症状を軽くするという対処が有効です。症状にあわせた対処法をご紹介します。

対策する3つのポイント

  • アルコールの分解を早めること
  • 脱水症状を解消すること
  • 低血糖症を解消すること

二日酔いの原因であるこの3つに対して対処することで二日酔いから早く復活します。

これを実行して回復しよう

しっかり水分補給をしましょう

まずは脱水症状を解消し、アルコールの分解を早めるために水分補給をしっかりとしましょう。水でもいいですが、利尿効果の高いカフェインが含まれるコーヒーやお茶、水分の吸収が早く糖分やナトリウムも補ってくれるスポーツドリンクや経口補水液などがおすすめです。
また果物に含まれる果糖やビタミン類にはアルコールの分解や代謝を促す働きがあるので、グレープフルーツジュースやオレンジジュースなども効果的です。

  • 常温の水
  • スポーツドリンク(ポカリスエットやアクエリアスなど)
  • 経口補水液
  • カフェインの含まれるコーヒーやお茶
  • グレープフルーツジュース、オレンジジュース

早期回復にはサプリメントを

二日酔いには『琉球酒豪伝説』がおすすめです。二日酔い防止のために作られたサプリで、3種類のウコンの働きにより二日酔いを防ぎ翌日の不快感をスッキリさせます。
ウコンを濃縮させた小さな粒が1包に入っていて、これを飲むだけで二日酔いから回復することができます。飲む前にも飲んだ後にもおすすめできるサプリです。一度お試しください!!

二日酔いのときに注意すること

水分補給のしすぎにも注意

水分を飲みすぎると胃酸の逆流を招くこともあるため飲み過ぎには注意です。

特にコーヒーの飲み過ぎに注意

二日酔いで吐き気がひどいときがあります。その原因は胃酸過多ですので、胃を荒らすような飲食は控えたいです。特にコーヒーに含まれるカフェインは胃腸に刺激を与える成分です。胃酸を更に分泌させるため、吐き気を促進させる可能性があります。吐き気がひどい場合はコーヒーを飲むと悪化する可能性がありますので飲み過ぎには注意が必要です。

運動や入浴は回復してから

運動や入浴で汗を流すとアルコールが抜ける。そんな噂を一度は聞いたことがありますよね。これは間違いです。
二日酔いのときは水分が不足しています。そんなときに運動や入浴は汗をかいてしまい、不足している水分がさらに足りなくなり脱水症状がひどくなってしまいます。水分を補給し、体調が治ってきたら行うようにしましょう。

迎え酒はダメ

あまり飲みたいと思われる方も少ないとは思いますが、二日酔い状態での迎え酒はおすすめしません。新たにお酒を飲んで気持ち悪さや体調の悪さを麻痺させているだけで、体への負担は大きいです。症状の回復を遅らせるだけなのでやめましょう。

二日酔いに効果的な薬

二日酔いを治す薬というものはまだ発見されていません。
が、わたしは『琉球酒豪伝説』を飲むことをおすすめします。強力なウコンで二日酔いからの回復を早めてくれます。

実際飲んでいる方のレビュー

二日酔いに効果的な食べ物

しじみの味噌汁

しじみ汁

しじみの味噌汁はオルニチンという成分が含まれていて、このオルニチンがアセトアルデヒドの分解を助けてくれるため、二日酔いに効果的です。オルニチンは肝臓の機能を向上させるだけでなく、血液中に残った毒素を分解する働きもあります。この他にも肝機能を高める成分が豊富に含まれているので、味噌汁にして成分を余すことなく吸収することが効果的です。

トマトジュース

トマトに含まれる多くの成分が二日酔いによいとされており、辛い症状の改善が見込めます。

  • リコピン:強い抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑える効果が期待できます。
  • ビタミンC:こちらも強い抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑える効果が期待できます。
  • GABA:自律神経のバランスを整える働きがあり、肝臓機能の向上も期待できます。
  • グルタチオン:解毒作用がある物質でアセトアルデヒドの分解を早めてくれます。
  • クエン酸:肝臓内のアルコール分解酵素(乳酸脱水素酵素)を活性化させる作用があり、アセトアルデヒドの分解を早めてくれます。

カゴメとアサヒグループの研究結果でも効果が明らかに

ヒトにおいてトマトジュース缶3本(約160ml×3本)と焼酎甲類(ストレート約100ml)の同時摂取試験を適正飲酒量にて実施したところ、トマトジュースを飲んでいない場合(対照として水と焼酎甲類を摂取)と比較して、血液中のアルコール濃度が顕著に(最高血中濃度として約3割)低下することを確認しました。また、計算上、体内に留まるアルコール量が約3割減少しました。さらに、体内からのアルコールの消失に、トマトジュースを飲んでいない場合では5.0時間要したのに対し、トマトジュースを飲んだ場合では4.2時間となり、約50分程度早まりました

https://www.kagome.co.jp/company/news/2012/001371.html
引用:カゴメ プレスリリースより

コーヒーはなぜ二日酔いに効果的なのか

二日酔いコーヒー

コーヒーで頭痛が治る!?

コーヒーには「カフェイン」が含まれており、このカフェインによって、頭痛が治ることが期待できます。アセトアルデヒドの毒性は、血管を拡張させる働きもあり、頭部の血管が拡張することでその周りの神経が刺激・炎症を起こすことで頭痛になります。この広がってしまった血管をカフェインによって収縮させることで頭痛を緩和することができます。

肝機能活性化で分解力を上げる

カフェインには肝臓機能を活性化させる効果もあり、アセトアルデヒドの分解を早める効果が期待できます。分解が進み、酢酸になることで二日酔いの症状を和らげます。

カフェインの利尿作用が効果的

コーヒーやお茶などを飲むとトイレに行きたくなる方も多いかと思います。これはカフェインに利尿作用が含まれるためです。二日酔いから早く復活するためにはアセトアルデヒドを早く体内から出すことが重要なので、コーヒーの利尿作用は効果的です。

どのくらい飲むのがいいのか

1杯で十分。

二日酔いのときは胃腸が荒れていることが多いです。コーヒーには胃液を分泌する成分も含まれているため、弱っている状態で飲みすぎると過剰な胃液を分泌してしまい胃にダメージが大きくなってしまいます。

ミルクや砂糖を入れて飲むのがおすすめ!

ブラックコーヒーですと刺激が強く弱った胃にダメージを与えてしまいます。ミルクを入れて刺激を緩和しましょう。
また二日酔いのときは低血糖になっている可能性があるので、砂糖を入れて補いましょう。

ポカリスエットが効果的!?

お酒を飲んだ後には、二日酔い対策としてポカリスエットを飲むことがおすすめです。でもスポーツドリンクはお酒の吸収を早めてしまい酔いやすくなるから飲まない方がいいという噂がありますよね。
結論から言うと、ポカリスエットなどのスポーツドリンクとお酒を一緒に飲んでも酔いやすくはなりません。
実際にポカリスエットを販売している大塚製薬のホームページでは消費者からの質問に対してこう返答しています。

ポカリスエットQA
引用:https://www.otsuka.co.jp/faq/pocarisweat/07.html

酔いやすくなるという噂は完全否定し、むしろお酒を飲んだときに適しているとおすすめしていますね。
それもそのはず、ポカリスエットは水分の吸収が早く、脱水症状に効果的。そして排尿によって失われたナトリウムやカリウムなどのミネラル成分も補ってくれ、低血糖症解消に必要な糖分も含まれているため、二日酔い対策の飲み物として最適です。
ポカリスエットは酔いやすいと噂を信じて敬遠されていた方、ぜひ積極的に飲むようにしてください。

サプリメントランキング

ひどい二日酔いのときは、水分をしっかりと摂りつつ、サプリメントを飲んで早期回復を試みるのも有効です!

別の記事で二日酔いにオススメするサプリランキングを書いていますので、こちらを参考にサプリを飲んでみてください!
編集部が実際に飲んで体験したサプリをご紹介しています。

二日酔い対策まとめ

・水分補給をしっかりとしましょう
・経口補水液やスポーツドリンクがおすすめ
・早期回復にはサプリメントも効果的

どうすれば二日酔いにならなかったのか

辛い二日酔いにならないためにどうすればよかったのでしょうか。簡単な方法は「飲みすぎない」ことでしょうが、そうもいかないのがお酒の席です。
ここからは二日酔いになりにくくなるポイントとお酒に関する知識をご紹介します。

空腹で飲まない

胃の中に食べ物がない状態では、すぐに小腸までアルコールが流れてしまうので、酔いが早くなります。
お酒を飲む前に少し食べることで、胃の幽門が閉まり、酔うスピードが抑えられるので、食べてから飲むようにしましょう。

自分はお酒に強いのか!?セルフチェックしてみよう

辛い二日酔いにならないためにも自分のお酒への耐性を知ることは重要です。お酒に強いのか弱いのかをきちんと把握して、その上で飲む量を調整したり、強いお酒を控えたりすることでお酒を楽しく飲みましょう

遺伝子レベルで調べるならこちらがおすすめ