対策ノウハウ

二日酔いのひどい吐き気から早く回復する方法

吐き気

朝起きて二日酔いでひどい吐き気、、何をしても気持ちが悪くて大変ですよね。
つらい吐き気は、アルコールによる胃酸過多や、アセトアルデヒドやアルコールに含まれるメタノールの働きが原因です。
早く回復する方法を実践して早期に回復しましょう。

二日酔いの原因はアセトアルデヒド

だいたいの二日酔いの原因は、アルコールが分解されてできる有毒なアセトアルデヒドです。
アセトアルデヒドが、次の日も体内に残っていると、頭痛や吐き気、胃のムカつき、倦怠感などの原因になります。
二日酔いから早期に回復するには、このアセトアルデヒドを早く体内から放出することが重要です。

メタノールが原因の場合も

ウィスキー、ブランデー、ワイン、テキーラなどによる二日酔いは、メタノール(別名メチルアルコール)が原因と言われています。
メタノールは肝臓で分解される際に、ホルムアルデヒド、二酸化酸素、ギ酸に分解されますが、これらが吐き気や頭痛、めまい、身体疲労などを引き起こします。
このメタノールは肝臓で処理をするのに時間がかかるため、いつもと違う二日酔い対策が必要です。

吐き気がひどい場合は胃がヤラれているかも

大量のお酒を飲むと胃が強く刺激されて、胃酸と胃粘液のバランスが崩れ、胃粘膜が荒れる原因になります。
また吐いたりしているとそれも胃を荒らす原因となり、吐き気を起こしやすくなります。

吐き気だけがひどいなら胃腸薬がおすすめ

頭痛がひどくなく、吐き気がひどい場合は、胃が荒れて吐き気を起こしていると思われるため、しっかりと水分を摂りながら胃腸薬を飲みましょう。
脂が多い揚げ物や刺激の強い辛いもの、香辛料の効いたものは避けた方がいいですよ。胃痛がひどくなる原因になってしまいます。

水分補給は1リットルを目安に

水が飲めるような体調であれば、水分補給は最低500ml、できれば1リットルをしっかりと摂りましょう。
水でもいいですが、体内に吸収されやすい経口補水液やスポーツドリンクを飲むことをオススメします。

メタノールが原因そうなら違う対策を

メタノールが原因となっていそうな場合は通常の二日酔い対策をすることで逆に体調を悪化させてしまうことがあります。

果物は避ける

通常の二日酔いには有効とされる果物には、微量のエタノールを含むため、果物や果物のフレッシュジュースは、避けるべきと言われています。

人工甘味料(アスパルテーム)も避ける

アスパルテームは、ダイエット清涼飲料水やガム、飴、フリスクなどに含まれる低カロリーの人工甘味料です。
このアスパルテームは、体内に入ると酵素によって、「アミノ酸」と「メタノール」に分解されてしまいます。
アスパルテームを摂取してしまうことで、メタノールによる二日酔いに追い討ちをかけてしまうことになってしまうので、避けるべきと言われています。

吐き気がひどいときにオススメな食べ物

吐き気が収まってきたら軽く食事を摂り、二日酔いに効果的な栄養素を補給し、アセトアルデヒドの分解を促進しましょう。
さっぱりしたものや胃に優しい食べ物がオススメです。

あたたかいうどん

うどんは他の麺類や炭水化物に比べて消化しやすく、胃腸にも刺激を与えにくいので、二日酔いのアルコールで荒れた胃腸にも優しい食べ物です。

ヨーグルト

腸内環境を整える効果もあるヨーグルトはオススメです。
酸味があり、口当たりもさっぱりとしているので吐き気があっても食べやすいですよね。
ヨーグルトにお酒の利尿作用によって、失われてしまったカリウムを補給するのにぴったりなバナナを加えてもより効果的です。

トマト

トマトに含まれるリコピンは、アセトアルデヒドを抑える働きがあります。
クエン酸も多く含むので、胃腸保護の効果で胃のムカつきを抑えることができます。
トマトジュースは水分補給も同時に行えるためオススメですよ。

お粥

二日酔いの原因の一つに血糖値の低下がありますが、お米を食べることで血糖値が上がり、さらに胃腸の働きを助けて消化も促してくれる効果があります。
胃が荒れていて吐き気があるときは、消化しやすく食べやすいお粥がオススメです。

お粥に梅干しを入れてさらに効果UP

お粥と一緒に梅干しを食べるとより効果的です。
梅干しは肝機能を活性化させ、二日酔いによって酸性になった体を、弱アルカリ性に早く戻してくれるという効果があります。
クエン酸が含まれているので疲労回復にも繋がり、まさに二日酔いにぴったりの食べ物です。

なかなか良くならない場合は病院へ

二日酔いだと思っていても、ふらつきや身体の震え、関節の痛み、発熱しているなどの症状は、風邪やインフルエンザ感染していることも考えられます。
胃腸の具合が悪く、何度も大量に吐く場合は、胃腸炎への感染なども考えられます。
いつもの二日酔いと違う症状があれば、病院を受診した方がよいでしょう。
二日酔いがひどい場合は、体の免疫も落ちている場合が多いので、体調の急激な変化には気をつけましょう。